【道明寺天満宮手づくりの市】では、
「ちいさな思いをたくさん集めて、社会へ循環させていくということ」
を実験、実施すべく
東日本大震災発生以降、会場に義援金箱を設置し、
各方面への支援を継続して行ってきました。




主に義援金を届けてきたのは、
福島の子どもたちのために設立した保養施設「沖縄・球美(くみ)の里」で


福島の子どもの保養施設 認定NPO法人
「沖縄・球美の里」
http://www.kuminosato.com/

震災発生以後、こどもたちと保護者の保養を受け入れを行い、
甲状腺検診や健康回復のための活動を行なっている認定NPO法人です



宮崎駿さん(ジブリ)がデザインした
「沖縄・球美(くみ)の里」のロゴマークがとってもかわいい♪



沖縄と福島
その2つの地域に横たわる問題を学びながら、支援を続けてきました。

新型コロナウィルス感染拡大と同様に、
福島原発事故災害も現在進行であり、保養も必要なケアだと認識していますが、
保養活動は中止 / 縮小されていることを踏まえ、市としての支援は一旦お休みすることといたしました。


------

今後は【Pay it forward】募金箱としてインフォメーションブースに設置し、寄せていただいた募金は、市開催の資金やボランティアスタッフさんへの還元、災害や地域施設の支援など、随時検討、活用しご報告いたします。

------



楽しいこと、うれしいことが、
これからも誰かのよろこびへとつながっていきますように。



◎2017.5月の市 / 義援金にて 掃除機と食器用洗剤を寄贈しました。
◎2017.9月の市 / 義援金10.000円寄付しました。
◎2017.12月の市 / 義援金にて 除湿マット2つと卓球ラケット2つを寄贈しました。
◎2018.5月の市 / 義援金にて サッカー用品と除湿マット、トイレットペーパーを寄贈しました。
◎2018.12月の市 / 義援金にて 業務用石鹸と紙おむつ処理ポットを寄贈しました。
◎2019. 3月の市 / 義援金にて 競技用けん玉5つと使い捨てポリ手袋10箱を寄贈しました。
◎2019. 5月の市 / 義援金にて ヤマハ電子キーボードと使い捨てポリ手袋8箱を寄贈しました。
◎2019. 9月の市 / 義援金にて コロコロスペアテープ、使い捨てポリ手袋9個、LED懐中電灯 9個を寄贈しました。
◎2019. 12月の市 / 義援金にて 業務用洗濯用洗剤3点草刈りチップソー、使い捨てポリ手袋10箱を寄贈しました。

<2011年3月の市より「東日本大震災義援金箱」を設置し、各方面へ支援を届けています。上記以前の支援につきましては、ブログをご参照ください。>



毎日、いろんなところでいろんなことが起こり、
それは誰の身に降りかかるかわからない。
いつか自分も困難に直面した時、
誰かが手を差し伸べてくれるはずだから、
できる人ができることをしたらいい。

もし、この場所に託してもらえるものがあれば、
私たちの思いも添えてお届けします。