<古絵本、あつめます>

成長に合わせて読ませてやりたい絵本たち。
その成長の早さを表すように、たくさん増える絵本たち。

卒業してしまった絵本はどこへ行くのでしょう??
読まなくなった絵本を次へとつなげられたら、きっとうれしい


お子さんが小さかったころ、
お気に入りだった絵本、今はもう読まなくなった絵本

よかったらお持ちいただけませんか??









 ↑
   小さな子どもは本をかじるものです。大きく破損しているものは、
   ちょっと困りますが、少しくらいなら大丈夫!(だと私は思います。)
   名前や落書きが書いてあっても大丈夫!(だと私は思います。)
-
汚れや破れの状態に応じて、販売 / 閲覧に振り分け、
ちびっこたちに楽しんでもらえるようにしたいと思いますので、
行き場のない絵本がありましたら、
手づくりの市の案内ブースまで、ぜひお持ち下さい。





絵本がいっぱい集まったら、木の下で[古絵本やさん]をひらきますよー。
(売り上げは「東日本大震災義援金」に充てさせて頂きます。)